脇汗パッドがワキガ対策

脇の汗が多い人にとって、その汗を吸い取ってくれる汗脇パッドは、頼もしい味方。
基本的に汗脇パッドは、「エクリン線から出る、水っぽい普通の汗を吸う」ということを前提として作られていますが、ワキガ対策に役立てることはできるのでしょうか?

 

脇汗パッドはワキガ対策にも効果的?臭いを抑える事はできるの?

 

工夫をすれば汗脇パッドも役立つ!

さて、結論から言えば、ちょっとした工夫をすれば、汗脇パッドはワキガ対策にも役立てられます。

 

ちなみに、何の工夫もせず使ったとしても、「アポクリン腺からの汗による、脇部分の衣類の黄ばみを防止してくれる」というメリットがありますが、さすがにそのままの状態では、においまではブロックできません。

 

しかも、汗脇パッドをつけたままだと、パッドが吸ったアポクリン腺からの汗に雑菌が繁殖してしまい「パッドそのものがにおい源になってしまう」というリスクも出てしまいますので、使用には注意が必要です。

 

ですから、「汗脇パッドが縫い込まれているタイプのインナー」はさらにおすすめできません。
インナーを着替えない限り、パッドの取り替えもできませんからね。

 

使い捨てでも、洗って繰り返し使えるタイプでもどちらでもいいですが、パッド単独で使えるタイプのものを選びましょう。

 

こんな工夫をしてみよう!

さて、ワキガ対策のために、汗脇パッドにどんな工夫をすればいいのかというと・・・

 

まずは「汗脇パッドに、事前にミョウバン水や衣類用消臭スプレーなどをかけておき、パッドそのものに消臭・抗菌効果を持たせておく」ということが不可欠です。

 

しっかりスプレーをして、いったん乾かしたものを用意しておくといいでしょう。

 

そしてもちろん、「ずっと同じパッドをつけっぱなしにしない」ということも大切。
いくら事前に消臭スプレーをしていても、大量の汗を吸えば、そのデオドラント効果には限界が来ます。
少なくとも、昼休みには、新しいパッドに取り替えるようにしましょう。

クリアネオの効果は?