ワキガ対策に効果的なボディソープ・石けん選び

ワキガ対策のための外側からのケアに欠かせないのが「入浴」です。
入浴時ににおいと汚れをしっかりと落とすことは、非常に重要なことなんですよ。
まずは、体を洗うためのボディソープ・石けん選びのコツをご紹介します!

防臭・抗菌作用は必須!


ワキガ対策のためのボディソープや石けんを選ぶ際にまず心がけたいのが、
防臭・抗菌作用のある成分が入っているものを選ぶということです

 

ワキガ対策のためには「今ある汚れを落とす」というだけではダメ。
雑菌の繁殖やにおいの発生を抑え、「洗いあがった時点では、ワキガ臭がまるでしない」という状態に持っていくことが必要になります。

 

そのために効果的な成分としては、柿タンニンやチャ葉エキスなどが挙げられます。

 

 

洗い上がり時の、適度な保湿性も必要!


ワキガ対策のためのボディソープ・石けん選びのポイントとして、
もうひとつ外せないものがあります。

 

それは・・・洗い上がりに適度なしっとり感を持たせる保湿性です。

 

「そうでなくとも、脇などは嫌な汗でベタベタするのだから、洗い上がりはしっとりではなく、とことんサッパリした感じのほうがいいのでは」と思われるかもしれませんが、あまりにサッパリした洗い上がり=肌が乾燥した状態だと、それをカバーしようとして、皮脂分泌が活発になってしまうリスクが高まるのです。

 

皮脂汚れはワキガ臭を作り出す大きな原因のひとつですから、
それを抑えるために、適度な保湿性が求められるわけですね。
植物由来のエキスやヒアルロン酸など、保湿成分が入ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

強すぎる洗浄成分は避けよう!


ワキガ対策のためのボディソープや石けんを選ぶ際の注意点としてはもうひとつ
「洗浄成分が強すぎるものは避ける」というのも挙げられます。

 

「しっかり汚れが落ちたほうがいいでしょう」と思われるかもしれませんが、あまりに強い洗浄成分は肌への刺激も強く、バリア機能を壊して、これまた皮脂分泌を活発にしてしまうだけでなく、場合によっては「肌細胞のたんぱく質も変性させ、肌トラブルを起こしてしまう」ということもあり得ます。

 

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなどは、こうした「洗浄力が高いが肌刺激リスクも高い」という部類に入る洗浄成分なので、できるだけ避けるようにしましょう。

 

昔から、「人の肌となじみ、相性がいい」ということで知られるカリ石ケン素地や、
コカミドプロピルベタインなどのアミノ酸系洗浄成分を使用したものを選ぶといいでしょう。
特に、カリ石けん素地は、汚れ落としの作用も申し分ないレベルなのでおすすめです。

クリアネオの効果は?