ワキガを予防・改善するため体の洗い方

ワキガで悩まないためには、入浴時の体の洗い方に気をつけるべきです。
ちょっとしたコツで、ワキガの臭いはかなり改善することができます。
このページでは、そのためのポイントをご説明します!

まずは全身をしっかり洗い流す!


ボディソープや石けんで体を洗う前に、「全身にサッと湯をかける」というだけで済ませる人が多いですが、それよりも、シャワーを当ててにおいが気になる部分を軽く手でこすり流しながら、しっかりと「予洗い」をするのがおすすめです。

 

この予洗いをしっかりやることで、温水によって汚れがやわらかく浮きやすくなるため、その後のボディソープ・石けんでの汚れ落としが、よりしっかりできるようになるんですよ。

 

たっぷりの泡で洗おう!


念入りな予洗いが終わったら、次はいよいよボディソープや石けんを使っての本格的な汚れ落としですが、「汚れをとにかく落とそう!」と意識しすぎて、ゴシゴシ強くこするように洗うのは禁物です。

 

摩擦の刺激で必要な角質まではがし、肌のバリア機能を損ねてしまうと、皮脂分泌が活発になってしまうので、「ワキガのにおいの原因が増える」という結果になり、むしろ逆効果なんですよ。

 

ですから、ボディソープや石けんをしっかりと泡立てて、その泡でやさしく洗うのがおすすめ。
手に泡をすくい取り、体全体になじませるようにして洗いましょう。

 

綿のタオルがおすすめ!

「手で泡をつけてこするだけでは、どうしても物足りない」という人も、肌刺激の強いナイロンタオルやボディスポンジなどは使わず、できるだけやわらかい綿のタオルやガーゼにたっぷりと泡を立てて軽くこするようにする程度にしておきましょう。

 

また、脇など、特にワキガのにおいが気になるところについては、数分間泡をつけたままにしてから洗うのがおすすめです。
さらに、その後の洗い流しも、予洗いと同様に、それなりの時間をかけて、念入りに洗い流すようにしましょう。

 

できればシャワーヘッドにも工夫を!


しっかりと汚れを洗い流すために、できることなら、シャワーヘッドを塩素除去できるタイプのものに替えるとさらにいいでしょう。

 

塩素が入ったままのお湯だと、塩素の刺激で毛穴がキュッと縮むような状態になる可能性も高いんですよ。塩素のないまろやかなお湯の方が毛穴部分が縮まず、毛穴の汚れを落とす効果も高まりやすいのです。

クリアネオの効果は?