睡眠状態の悪化はワキガの遠因になる!

あなたの睡眠状態はどうですか?毎日しっかり、ぐっすり眠れていますか?
もし、睡眠不足の状態であるなら、今すぐ改善を心がけましょう。
なぜなら、睡眠不足も、ワキガ悪化の要因となるからです。
その理由についてここでご説明します。

 

 

老廃物が増えてしまう!


睡眠不足がワキガ悪化の要因となる、その大きな理由のひとつとして挙げられるのが「細胞の新陳代謝力が低下することによる老廃物の増加」です。
私たちの体を構成している細胞は、日々の睡眠時に「新陳代謝による生まれ変わり(ターンオーバー)」がなされています。
この細胞の新陳代謝は睡眠時以外ではほとんど行われないため、細胞の新陳代謝を正常な状態に保つためには「いかに睡眠をしっかりとるか」が重要になってきます。

 

睡眠不足だと新しい細胞への生まれ変わりが少なくなり、古い細胞・老廃物の割合がどんどん増えてしまうんですよ。
たとえば、肌の老廃物のひとつである「乳酸」がどんどん増えてくると、アンモニアくさいにおいが発生してしまうというように、においの悪化につながるのです。

 

 

肝臓のパワー低下もにおいの悪化をもたらす!


睡眠不足がワキガ悪化の要因となるもうひとつの理由として挙げられるのが、「肝臓のパワー低下」です。

 

肝臓はさまざまなものを分解してくれる働きをしていますが、肝臓が分解してくれるものの中には、におい物質も含まれます。

 

しかし、この肝臓を元気に保つための肝細胞の修復・再生には、しっかりとした睡眠が不可欠。
睡眠不足の状態だと、肝臓の分解作用もうまく働かなくなってしまい、におい物質の分解効率も大幅に低下してしまうのです。

 

 

睡眠不足によるストレスの影響も!


睡眠不足になると、疲れが取れず、体調もすぐれなくなるため、どうしてもイライラとしてしまいがちですが、このイライラも実はワキガ悪化につながります。

 

「ストレスによるアポクリン腺の刺激・活性酸素大量発生」という形で、さらにワキガ臭を悪化させてしまうのです。

 

こうした「睡眠不足によるワキガ悪化」を防ぐには、きちんと疲れをとって、細胞の新陳代謝もスムーズにするために、最低でも6時間ーできれば7時間〜7時間半の睡眠が必要です。

 

また、就寝時間もできる限り午前0時までにしておき、夜更かしをしないよう心がけることも大切です。

クリアネオの効果は?