ワキガにはデオドラントスプレーは効かない!

ワキガ対策に、制汗用のデオドラントスプレーを使っている人も多いと思いますが、
あれって本当にワキガ対策にも有効なのでしょうか?

 

いえいえ、実は、デオドラントスプレーは、ワキガ対策にはあまり向いていないのです。
その理由をご説明しましょう!

 

デオドラントスプレーは「使用目的」が違う!

一般的なデオドラントスプレーが、なぜワキガ対策には不向きと言えるのかというと・・・
ズバリ「スプレーはエクリン線からの汗を抑える、という使用目的のものだから」です。

 

ほとんどのデオドラントスプレーは、「エクリン線からの水っぽい汗をある程度抑え、汗臭さも軽減する」ということはできても、アポクリン腺からのドロッとした不純物だらけの汗がもたらす、強烈なにおいには対応できないんですよ。

 

正直な話、エクリン線から出る汗の汗くささ程度をごまかすなら、防臭成分を使わず、香料を使って「においを香りでごまかす」ということも十分可能ですが、ワキガ臭は、それで対応できるほど甘くはないのです。
むしろ香料と混じれば、より不快なにおいになるリスクが高まります。

 

制汗作用によって、アポクリン腺からの汗を多少抑える効果は期待できますが、出た汗からのにおいの発生抑制や雑菌繁殖抑制などの働きは、あまり期待できないのです。

 

効果の持続時間も短い

デオドラントスプレーがワキガ対策に不向きな理由としてはもうひとつ、「クリームタイプと比べると、肌への定着が弱く流れやすいため、効果の持続時間も短い」というのが挙げられます。

 

ワキガ対策に特化したクリームタイプの場合「朝につければ午後までもつ」「お昼休みに塗り足せば夜まで大丈夫」というものも見つけられますが、スプレータイプでここまで持続効果を求めるのは、まず無理でしょう。

 

皮脂分泌を刺激するリスクも!?

デオドラントスプレーは「ワキガ対策としてはあまり効果が期待できない」と言えますが、実はそれだけではなく、大きなリスクもあります。

 

それは、デオドラントスプレーの多くが、肌を乾燥させる傾向が強いため「肌乾燥による皮脂の分泌促進」を招いてしまう可能性が高い、ということ。
この点でも、汗の量とにおいの両方を抑えながら、うるおいも与えられるクリームタイプのほうがすぐれていると言えるのです。

クリアネオの効果は?