香料入りの消臭アイテムはワキガの大敵

デオドラントグッズの中には、香料が配合されているものも少なくありません。
これは「いい香りで、においをごまかす」というスタンスで配合されているケースが多いんですよ。
香料によるいい香りでワキガのにおいがごまかせるなら、それはそれでいい、と思えてしまいますが、その考えは危険です!

 

香料入りのデオドラントはワキガの大敵。悪臭が増す危険性も…

 

合成香料はリスクがいっぱい

香料入りのデオドラントグッズをワキガ対策に使うのがなぜ危険なのかというと・・・まず、「香料そのものの危険性」が挙げられます。

 

成分名に「香料」としか書かれていないものは、その大半が石油由来の合成香料です。
石油を精製した油に、化学物質で人工的な香りづけをしているのです。

 

どんな化学物質を使っているかは、その香料を作っているメーカーにしかわかりませんが、合成香料が原因と考えられる肌トラブルやアレルギーの事例は、かなり多いというのが現実です。

 

合成香料は、極端な話、トイレの芳香剤に使われる香料と大差ないものも多いです。
あれを肌にスプレーする気になれるか?と考えると、かなりキツイですよね。

 

ワキガ対策のためのデオドラントグッズは、脇の下やデリケートゾーンなど、皮膚が薄く刺激に弱いところにつけるわけですから、合成香料による肌刺激リスクは、ぜひとも避けるべきなのです。

 

 

悪臭になる可能性も高い!

合成香料は、人工的な香りづけをしているため、天然精油やエキスの自然な香りと比べると、「香りそのものがこってりとくどい」という傾向が強いです。

 

そんな合成香料の香りとワキガの強烈なにおいが混じると、より不快な悪臭になってしまうことも少なくありません。

 

ちなみに「ワキガのにおいと相性がいいのは、グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類系の香りと、サンダルウッドやユーカリなどのグリーン系の香りだ」などという説も見聞きしますが、あれはあくまで「天然の精油やエキスによる、ごくほのかな自然な香り」に対して言えることなのです。

 

クリアネオの効果は?