脇の下の臭いが全てワキガではない!

脇の下が臭うと、全てがワキガだと思われがちですが、
実は「脇の下の臭い=ワキガ」は間違いです

 

ワキガはアポクリン腺からの分泌物が原因で、つーんとした独特な臭いを発しますが、
それ以外にも様々な原因で発生する臭いが存在します。

原因も臭いも違うならば、臭いで判断すればよいのでは?と考えると思いますが、
臭いだけでワキガなのか違う原因の臭いなのかを判断することは実は非常に難しいです。

 

ワキガと間違えやすい体臭〜本当に自分はワキガなのか?〜

↑脇の臭いと行っても理由は様々。本当はワキガではないかも…

 

 

それは、臭いには個人差が大きく様々な要因が混ざっている場合などもあり、
専門医でないと判断は難しいのです。
脇の下の臭いは、ワキガの他にはどのような臭いがあるのでしょうか。

 

ワキガと間違えやすい体臭

ワキガと間違えやすい体臭としては、汗の臭いと加齢臭が挙げられます。

 

汗の臭いの場合、エクリン腺から出る汗や皮脂を皮膚の上に存在している常在菌が分解し、
繁殖するため、その時に臭いを発します。

 

エクリン腺から出る汗は、エポクリン腺から出る汗と性質が違い、
ほとんどが水分であとはわずかな塩分のみのため、臭いの原因が違うのです。

 

そして、次に間違えやすいのは加齢臭です。
加齢臭とは年齢を重ねるにつれて発生する臭いですが、
その原因は、年齢を重ねるにつれて分泌される皮脂の中に増えてくる不飽和脂肪酸です。

 

その不飽和脂肪酸とこれも加齢によって増える過酸化脂質が結びつき、
皮膚の上で常在菌に分解されると、加齢臭の原因物質であるノネナールが作られます。
加齢臭は、このノネナールが臭いの原因なのです。

 

このように、ひとことで「臭い」と言っても様々なものがあることがわかります。

 

「自己臭恐怖症」とは

臭いは様々な種類のものがありますが、
実は臭いはしないのに、臭っていると思い込んでしまうということもあるのです。
それを「自己臭恐怖症」といいます。

 

自己臭恐怖症とは、自分の体から出る体臭や口臭などの臭いが強いと思い込んでしまい、その臭いのせいで、自分が他人に不快な思いをさせているのではないか、また嫌われているのではないかと不安や恐怖を覚える恐怖症です。
臭いに非常に敏感で、他人にどう思われているかを気にしやすい日本人に多い神経症です。

 

自己臭恐怖症は、ひどくなってしまうと、対人恐怖症や潔癖症、うつ病などの深刻な精神病に発展することがあるため、早めに手を打ったほうが良いでしょう。
身近な人に体臭のことを確認してみたり、それでもダメであれば専門の病院で診てもらうなどの対応が必要です。

 

 

クリアネオの効果は?