ワキガはどのようにして発生する?脇の臭いの根本的な原因とは

いわゆる「ワキガ臭」と言われる独特のにおいは、どのように発生するのでしょうか?
まずはそれについてご説明します。

わきが臭はどのようにして発生する?脇の臭いの根本的な原因

 

アポクリン腺からの汗がワキガ臭の主原因!

人間の汗腺には、「エクリン線」と「アポクリン腺」の2種類があります。

 

このうち、いわゆる「汗くさいにおい」を出すのは、エクリン線からの汗。
エクリン線からの汗は99%が水分で、残りが塩分やわずかなミネラル分などという構成で、「まったくの無臭ではないものの不純物が少なく、においが少ない汗」と言えます。

 

もちろん、エクリン線から出る汗自体のにおいが少なくても、汗と皮脂汚れや雑菌などと混じると、汗くさいにおいは発生してしまうんですけどね。

 

しかし、そんな汗くささよりも、はるかにキツいのが、ワキガ臭です。

 

ワキガ臭の原因となる汗は、アポクリン腺から出る汗です。

 

エクリン線から出る汗が99%水分なのに対して、
アポクリン腺から出る汗の水分は70〜80%程度しかありません。
つまり「20〜30%の割合で不純物が混じっている」という、ドロドロの汗なのです。

 

しかも、アポクリン腺からの汗に含まれている不純物は、
脂質・脂肪酸・たんぱく質・糖質などの「こってり系」の不純物。
これが皮脂汚れや雑菌などと混じったり、分解されたりする時に、
あの不快なワキガ臭が発生してしまうのです。

 

人によってワキガ臭のレベルが違う理由

というわけで、あの独特のワキガ臭の主原因はアポクリン腺からの汗、
ということになりますが、実はこのアポクリン腺はすべての人の体に存在します。

 

これを聞くと、「誰でもアポクリン腺を持っているというのに、なぜ人によってワキガ臭のレベルに大きな違いがあるのか」という点に疑問を持たれるかもしれませんね。

 

その答えは・・・
アポクリン腺は誰もが持っているものの、
そのアポクリン腺の数や、アポクリン腺から出る汗の量には大きな個人差があるからです
アポクリン腺が少ない人や、アポクリン腺からの発汗が少ない人はワキガ臭が出にくいというわけです。

 

また、たとえアポクリン腺の数や、そこから出る汗の量が変わらなくても、
「アポクリン腺からの汗に混じる不純物の内容の違い」や「肌の清潔度」などといった要素によっても、においの度合いには差が出てきます。

 

アポクリン腺の数そのものを減らすためには、
手術など何らかの「本格的なワキガ治療」が必要になりますが、
そこまでしなくても内外から正しいケアをすれば、
「アポクリン腺から出る汗を、においが出にくい状態にする」などという形でワキガ臭を大幅に改善できる可能性があります。

クリアネオの効果は?