レーザー脱毛でワキガが改善できる?

レーザー脱毛と言えばもちろん、「ムダ毛に悩む人のための治療」というイメージがあります。
それは間違いではないのですが、実は、そのレーザー脱毛でワキガの症状軽減ができる可能性がある、ということをご存知ですか?

 

レーザー脱毛でワキガ軽減が期待できる理由

なぜ、レーザー脱毛でワキガの症状軽減が期待できるのかというと、それは「アポクリン腺が、毛穴に合流するような形で存在しているため、レーザーでムダ毛にダメージを与えれば、その毛穴につながっているアポクリン腺にもダメージを与えられる」という理屈が成り立つからです。

 

実際、「レーザー脱毛を受けたら、なぜか脇のにおいまで少なくなった」など、知らず知らずのうちに、このレーザーによるワキガ症状改善の恩恵を受けている人も居ますよ。

 

レーザー脱毛は、施術時に輪ゴムをはじく程度の痛みはあるものの、術後の皮膚の赤みなどはほとんどが短期間でおさまりますし、傷跡も残らないという大きなメリットがあります。

 

どこまで効果が期待できる?レーザー脱毛によるワキガ改善

レーザー脱毛はリスクが少ないので、これでワキガの症状改善が本当にできるなら、ぜひとも活用したい、と思うところですが、実際、どこまでの効果が期待できるのでしょう?

 

結論から言うと、レーザー脱毛におけるワキガ症状の改善効果は、あくまで「おまけ程度」だと思って下さい。

 

汗腺というのは意外と丈夫にできていますので、ムダ毛にしっかりダメージを与えられても、アポクリン腺の機能が、それで確実に停止するわけではありません。
必ずと言っていいほど、生き残りのアポクリン腺はあります。
ですから「においはある程度軽減するものの、においの根絶は不可能」と言えるのです。

 

また、レーザーはあくまでムダ毛のメラニン色素に反応するものですので、「黒いムダ毛がしっかり生えている毛穴に通じているアポクリン腺にしか、レーザーは効かない」という側面もあります。

 

レーザー脱毛によるワキガ症状の改善について、過度な効果を期待するのはさすがに無理がある、ということですね。

 

しかし「手術するほどではない」という程度の軽度のワキガに対してなら、そのにおいが半分程度弱まるだけでも大きな収穫となりますので、医師が「軽いワキガで、かつムダ毛が多い人」に対して、両方を一度にケアできる手段としてレーザー脱毛を勧めるケースもありますよ。

クリアネオの効果は?