費用対効果が見合わない可能性も〜超音波吸引法によるワキガ治療〜

アポクリン腺をマヒ・機能停止させるだけでなく、物理的に除去するワキガ治療法のひとつとして、「超音波吸引法」が挙げられます。

 

超音波吸引法とは

超音波吸引法は、脇のシワに沿って皮膚を小さく切開し、そこから超音波メスを挿入し、その超音波による振動でアポクリン腺を破壊・分解しながら吸引していく、というものです。

 

脂肪吸引の吸引法を応用し、さらにそこに超音波出力を加えた手術法だと言われています。

 

超音波吸引法によるワキガ治療のメリット

超音波吸引法のメリットは、「アポクリン腺を物理的に除去できる治療法としては、かなり傷口が小さく、術中・術後のダメージも少なくて済む」ということ。

 

麻酔をかけますから手術中は無痛ですし、手術した部分の回復も比較的早く、数日後にはシャワーを浴びることも可能になります。

 

手術時の切開もシワに沿う形でおこないますから、術後の傷跡がほとんど目立たない、という点も嬉しいポイントです。

 

超音波吸引法によるワキガ治療のデメリット

超音波吸引法のデメリットは、なんと言っても「すべてのアポクリン腺をキレイに除去することは、ほぼ不可能」ということです。
アポクリン腺を目で確認しながら除去するわけではないので、どうしても取り残しが出る可能性が高いため、においを完全に消すことはできません。

 

そしてさらに「破壊・吸引が中途半端となったアポクリン腺が再生・復活してしまう」というケースも意外とよくあるのです。

 

超音波の出力を高めてアポクリン腺破壊効果を強くしようとすると、やけどや拘縮(こうしゅく:超音波を当てた部分が硬くなってしまうこと)のリスクが大いに高まるので、それほど強くもできないんですよ。
普通の出力でさえ、手術部分が多少硬くなることはよくあります。

 

保険適用はできず、費用も数十万円はかかりますし、効果の少なさの割にはリスクと出費が大きい手術法と言えるでしょう。

クリアネオの効果は?