切らずにワキガ治療できる電気凝固法。しかし、デメリットも…

切らずに行えるワキガ治療のひとつに、「電気凝固法」というものもあります。

 

電気凝固法とは

電気凝固法とは、簡単に言えば「電流を流した針を毛根に沿って刺し、毛根および、そこからつながるように伸びているアポクリン腺にダメージを与える」というもの。

 

汗腺の中でも、エクリン線は単独で存在していますが、アポクリン腺は毛穴に合流するような形で存在し、毛穴から汗を出しています。
つまり電気凝固法は、「毛穴を探せば、そこにアポクリン腺もある」という特性を利用した治療法と言えるでしょう。

 

電気凝固法のメリット

電気凝固法のメリットは、「アポクリン腺とともに毛根にもダメージを与えられるので、ムダ毛の軽減効果も期待できる」ということ。
ワキガだけでなく、ムダ毛の多さに困っている人にとって、有効な選択肢のひとつと言えるかもしれません。

 

また、「毛穴ひとつひとつに針を刺す」という治療法なので相当痛みがありそうに思えますが、
局所麻酔をするので治療中の痛みは心配ありませんし、
治療後も強い痛みが残る、などというリスクはかなり低く、
実は意外と身体的負担の軽い治療法と言えます。

 

電気凝固法のデメリット

電気凝固法のデメリットとしてまず挙げられるのは、やはり費用面です。
保険適用外の治療法ですし、さらに、毛穴の数は多いので1回では治療しきれず、
複数回の治療が必要となります。

 

治療費は「脇かデリケートゾーンか」などによっても大きな違いがありますが、
総額で少なくとも数十万クラスの出費になるのは覚悟しなければいけません。

 

そして、これだけの出費がともなう治療法でありながら、アポクリン腺へのダメージは中途半端になってしまう場合も多く、「ワキガのにおいをある程度軽減することはできても、解消まではできない」という状態になりやすいのです。

 

また、エクリン線にはノーダメージな治療法のため、エクリン線から出る汗の量が減ることはありません。
この点でも、治療効果に物足りなさを感じる人が少なくないようです。

クリアネオの効果は?