クリアネオの効果は?

ワキガを病院で治療する〜治療方法とメリット・デメリットのまとめ〜記事一覧

医療機関でおこなうワキガ治療法の中でも、手軽さで人気があるのが「ボトックス注射」です。そもそもボトックス注射って何?ボトックス注射とは、ボツリヌス菌毒素を無害化したものを使う注射。なぜこれが汗の抑制につながるのかというと、ボツリヌス菌が汗腺をマヒさせ、その作用をほぼ停止状態にする、という作用を持っているからです。アポクリン腺からの汗の量が激減すれば、それだけで大幅なにおい発生の軽減にもつながります...

多汗をともなうワキガの治療法として、ボトックスよりもずっと本格的でありながら、傷跡が残ることもない画期的な治療法として近年注目が高まっているのが、「ミラドライ」です。そもそもミラドライって何?ミラドライとは、多汗症を治療できる機器として、アメリカFDA(米国厚労省)の認可を取得している医療機器のこと。電子レンジに似た原理で、皮膚を切ったりすることなく、内側にあるエクリン線・アポクリン腺に熱エネルギ...

切らずに行えるワキガ治療のひとつに、「電気凝固法」というものもあります。電気凝固法とは電気凝固法とは、簡単に言えば「電流を流した針を毛根に沿って刺し、毛根および、そこからつながるように伸びているアポクリン腺にダメージを与える」というもの。汗腺の中でも、エクリン線は単独で存在していますが、アポクリン腺は毛穴に合流するような形で存在し、毛穴から汗を出しています。つまり電気凝固法は、「毛穴を探せば、そこ...

アポクリン腺をマヒ・機能停止させるだけでなく、物理的に除去するワキガ治療法のひとつとして、「超音波吸引法」が挙げられます。超音波吸引法とは超音波吸引法は、脇のシワに沿って皮膚を小さく切開し、そこから超音波メスを挿入し、その超音波による振動でアポクリン腺を破壊・分解しながら吸引していく、というものです。脂肪吸引の吸引法を応用し、さらにそこに超音波出力を加えた手術法だと言われています。超音波吸引法によ...

アポクリン腺を物理的に除去する手術法のひとつとして、「皮下組織掻爬(そうは)法」というものもあります。皮下組織掻爬法とは皮下組織掻爬法とは、脇の下を、シワに沿って数センチぐらい切開し、そこにキューレットというスプーンのような形状の器具を差し込み、そのキューレットで物理的にアポクリン腺やエクリン線、皮脂腺などをかき出して取る手術法です。皮下組織掻爬法によるワキガ治療のメリット皮下組織掻爬法のメリット...

「ワキガ治療の切り札」とも言える手術法として挙げられるのが、「切除法(剪除法)」です。切除法(剪除法)とは切除法(剪除法)は、脇の下を数センチ切開して、そこから皮膚を裏返すようにし、医師が目でアポクリン腺を確認しながら一つひとつ除去していく、という手術法です。ちなみに昔ながらの切除法としては、アポクリン腺がある部分の皮膚そのものを切除する、という方法もあるのですが、ここでは、皮膚を裏返してアポクリ...

レーザー脱毛と言えばもちろん、「ムダ毛に悩む人のための治療」というイメージがあります。それは間違いではないのですが、実は、そのレーザー脱毛でワキガの症状軽減ができる可能性がある、ということをご存知ですか?レーザー脱毛でワキガ軽減が期待できる理由なぜ、レーザー脱毛でワキガの症状軽減が期待できるのかというと、それは「アポクリン腺が、毛穴に合流するような形で存在しているため、レーザーでムダ毛にダメージを...