どんな匂いの体臭かを確認しよう

自分の体臭が気になりはじめたら、まず最初に『どんな匂いがするのか』を確かめてみましょう。
ニンニク料理などを食べたときの一時的な体臭から、病的な体臭の可能性もあります。

 

 

腐敗臭、魚臭、たまご臭、便臭

これらの匂いは主に
胃腸内に問題があるときに生じる匂いです。
胃腸内で消化がうまく機能していないことが原因と考えられています。

 

通常食べ物を摂取すると胃腸内で栄養素は吸収されて、
そのほかの悪性物質や匂いのもととなる物質は尿や便となって体外に排泄されます。
しかし、胃腸機能が低下していると悪性物質が排泄されないまま体内の血液に乗って体中を循環してしまいます。すると、汗や皮膚呼吸と同時に匂いも体外に出てしまうのです。

 

また、胃腸内の悪玉菌が多いと便秘になりがちとなります。
便が胃腸内に溜まり、悪玉菌が次々と匂い成分を分解して肺に送ってしまうと、
それは口臭に表れて便臭のもととなります。

 

甘酸っぱい匂い、アンモニア臭

 

よく運動をしたあとに
「汗臭い」という表現をします。

 

このときの汗の匂いはアポクリン汗腺とエクリン汗腺の二つの汗腺が原因です。

 

相手に不快感を与えるほどではなく、
生理的な匂いの一つとして、

 

「体臭がきつい人」とは呼ばれないはずです。

 

しかしながら、
汗に混じってアンモニア臭や甘酸っぱい匂いがする人は、体内器官に異常があると言えます。

 

糖尿病の人の多くは甘酸っぱい匂いの体臭がするのですが、この原因は『糖』にあります。
人は体内の糖をエネルギーに分解して生きているのですが、この働きが鈍ると糖の変わりに脂肪を分解するようになります。

 

それがアンモニア臭、甘酸っぱい匂いを放つ原因となります。

 

糖尿病患者以外で多く見られるのはダイエットをしている人、
及び偏った食生活により栄養バランスが崩れている人です。

 

規則正しい食生活と、バランスの取れた食事をするだけで体臭予防となりますので、
これらの匂いを感じる方は自分の食事の献立を振り返ってみて下さい。

 

鉄っぽい匂い、血の匂い

 

これらの匂いを感じた方は呼吸器系に何かしらの異常があるかもしれません。

 

鼻、喉、気管に細菌、バクテリアが繁殖していたり、
炎症を起こしていたりすると、鉄っぽい匂いや血のような生臭い匂いがすることがあります。
放っておいても自然になおるものが大半ですが、病院でしっかりと診断してもらうことがおすすめです。

 

体臭の中でも口臭に直接影響を及ぼすので、
人によっては不快に感じる方もいるはずです。早期治療を心がけて下さい。

 

このように、体臭と一概に言っても匂いの種類によって原因、解決方法は異なります。
放っておいても治らない体臭もございますので、ささいな体臭も軽んじないようにしましょう。
場合によって、体臭は病気のシグナルともなることを覚えておいてください。

クリアネオの効果は?

関連ページ

すそわきがとは?