糖尿病と体臭の関係

 

糖尿病とは簡単に言えば血液中の血糖値が病的に上昇している症状を指します。

本来はインスリンで血糖値の上昇を抑えているのですが、糖尿病患者の場合は、

このインスリンがうまく機能していないことが挙げられます。

 

もともと人が機能するためにはブドウ糖が必要不可欠です。

この血糖をエネルギーに変換して人は活動することができるのですが、

糖尿病患者の方はこの変換がうまくできないでいます。

 

しかし、生きていくにエネルギーは必ず必要です。

そこで体内器官はどうするのかというと、

糖の変わりに脂肪を変換してエネルギーを作ろうとするのです。

 

ケトン体が体臭をうむ

 

糖の変わりに脂肪をエネルギーに換えると、血液中にケトン体とよばれる物質が多く発生します。

 

このケトン体自体が体臭をうむ産物となるのです。

 

ケトン体の匂いは甘酸っぱい酸味がかかった匂いとなります。

 

しかし、この匂いは糖尿病だけではありません。
食事制限のダイエットをしている人にも表れる匂いです。

 

食事制限をすると栄養バランスが崩れてしまい、
体内でエネルギーに変換する糖が足りなくなってしまいます。
結果、糖尿病と同じく脂肪をエネルギーに変換しますので、ケトン体が発生しやすくなってしまうのです。

 

対策

 

ダイエットによって引き起こされる体臭であれば、
ダイエットをやめることによって改善することができます。

 

ケトン体の発生を抑えることを目的としますので、
しっかりと、

 

栄養バランスのとれた食事をとって、有酸素運動
を行いましょう。

 

ダイエットをはじめると、最初は汗にアンモニア臭が混じり、その次の段階で甘酸っぱい匂いとなります。

 

もしアンモニア臭がではじめたら栄養バランスが崩れている証拠
なので、その時点でダイエットをやめてください。

 

糖尿病患者の方は定期的にインスリンを打って血糖値の上昇を抑えます。
常に一定の血糖値を保つことが体臭の抑制にもつながります。
もちろん有酸素運動も必要不可欠です。