日本人と欧米人の体臭の違い

日本人は
体臭がほとんどないと言われています。

 

これは人種の問題で、アジア人黄色人種と呼ばれている日本、韓国、中国、台湾などの人々は、

 

体質的に体臭をそれほど持ち合わせてはいないのです。

 

対して世界を見てみるとどうでしょうか。
アメリカ、欧米圏には白人と黒人が共存していますが、白人の方の80パーセントは体臭を持っていると言われています。さらに黒人にいたっては、ほぼ100パーセントの人が体臭を持っているようです。

 

欧米旅行が好きな人にはピンとくるかもしれませんが、
バスや電車などの密室の中だと日本人にとっては欧米人の体臭が異様に鼻につきます。

 

また、それを知ってか知らないでか、欧米人の多くの方が香水をまとっているため、
体臭と香水が混じった酷い匂いがします。

 

特に自分の体臭に合わない匂いの香水を多量に使っていると便臭のような匂いに変わってしまうため、
我慢ならないほどです。

 

欧米人の体臭の認識

 

欧米人のほとんどの方が鼻につく体臭を持っているのですが、自覚している人はほんの一握りです。
また、その多くは女性であるため、香水を振り撒いてごまかしています。

 

香水のそもそもの由来は欧米圏にあります。
儀式に使うことからはじまり、遺体の防腐剤として使用され、
18世紀初頭には民間人がみだしなみとして使われるまで広がりました。

 

ここでいう身だしなみとは現代のファッション感覚というよりも、
自分の体臭をごまかすために使用されていました。

 

このように欧米人は歴史をさかのぼってみても体臭が他の人種よりもきついというのは明白です。

 

日本人だからこそ体臭が気になる

 

10人いて10人が体臭を持っていれば、誰一人として自分の体臭を指摘する人はいません。
しかし、日本人のように10人いて一人だけが体臭を持っていたら、その人は嫌悪されることでしょう。

 

食生活も欧米圏と異なり野菜中心の食事だった日本人は、他の国々と比べても体臭は少ないです。
そのため、欧米人であれば気にならない程度の匂いであっても、
日本人は敏感に反応してしまうのです。

 

また、お洒落大国である日本にとって、体臭は禁物です。
世界を見れば全然気にするほどのことのない体臭でも、
日本に住んでいる限りは神経質にならないのが現状です。

 

自分に体臭があると認識されている方は、
放っておくのではなく、対策を講じて解決するのがよりよき人生をおくる秘訣でもあります。