生理前・生理中の体臭をどうにかしたい人、必見

生理前はちょっと化粧品を変えるだけでもかぶれてしまったり、ととても肌が敏感になる時期ですよね。この生理前の体の変化は全てホルモンが関係してきます。

 

この時期に気になる体臭もホルモンが関係している可能性があります。

 

生理前は「プロゲステロン」というホルモンの分泌量が増えることにより、体温が上がり汗や皮脂が多く出やすくなってしまうのです。

 

だから普段より汗臭さを感じてしまうことがあるかもしれません。

 

また、おりものの分泌量も増えてしまうので、臭いを発生しやすい原因にもなります。

 

おりものも生理中の経血も実は無臭なのですが、空気に触れ高温多湿の環境で放置されることにより雑菌が繁殖して臭いを発します。

 

この臭い対策にはおりものシートや生理用のナプキンをこまめに変えることが大事です。

 

また、ボディケアも重要になってきます。次の項でケア方法を紹介します。

 

生理前・生理中の体の洗い方

ボディー編

上で述べたように、生理前は肌が弱いうえに皮脂分泌が過剰になり、体が臭いを発しやすい状態になります。

 

そんなときに普段と同じようにナイロンタオルなどを使って石けんやボディーソープで洗っていると、さらに体の皮脂が落ちてしまい余計に皮膚が皮脂を分泌しようとしてしまいます。

 

なので生理前は、なるべく優しく体を洗ってあげることが大事です。

 

使うボディーソープや石けんなどにも気をつけましょう。
多くのボディソープや石けんはアルカリ性でできているため、刺激が強く、また肌の常在菌のバランスを崩してしまうため臭いが発生しやすい肌状態になってしまいます。

 

肌が敏感な生理前は、肌に優しい弱酸性のボディーソープで、ナイロンタオルなどを使わずに泡だけで手洗いするようにしましょう。

 

 

デリケートゾーン編

デリケートゾーンが臭ってしまう原因は、やはりそこが清潔ではないから。
みなさんはデリケートゾーンをどうやって洗っていますか?

 

  • 体用と同じソープで念入りに洗う
  • デリケートゾーンは何もつけずに手洗い

 

このふたつだと、正しいのは後者の水洗いの方です。

 

デリケートゾーンはナイーブな場所なので、体用と同じソープを使うと刺激が強すぎて膣内の自浄作用効果が落ちてしまいます。

 

そうすると臭いの発生だけでなく、カンジダなどの病気にもなりやすくなってしまうのです。
カンジダは大量のおりものが出てしまうので、それもまた臭いの原因になってしまいますね。

 

なのでどちらかというと水洗いの方がまだデリケートゾーンには優しい洗い方です。

 

しかし、やはり水洗いだけではヒダなどの部分を雑菌を残さずに
しっかり洗うのは難しいですし、十分洗えたか不安になる気持ちもあると思います。

 

デリケートゾーンは専用のもので洗おう

そんな場合にオススメなのがデリケートゾーン専用のボディーソープです。

 

生理前・生理中の正しい体臭予防方法

 

「ジャムウ ロンタルハーバルジェルソープ」は、
弱酸性になっていることはもちろん、インドネシアの民間伝承薬「ジャムウ」を用いて、臭いケアや黒ずみケアができるハーブを調合しています。

 

一例をあげると

  • 汚れをしっかり落としてくれるパパイヤやココナッツの成分
  • お肌を清潔に保つティーツリー
  • 肌荒れなどを抑えるカモミールや月桃
  • 黒ずみをケアするビタミンCが豊富に含まれているカムカム

などの成分が入っています。

 

また、界面活性剤や防腐剤は使用していないのもうれしいポイントです。
汚れを落とす天然成分もしっかり配合している上に赤ちゃんでも使えるほど優しい処方になっているので、生理前・生理中のデリケートゾーンを清潔に洗い上げることができます。
もちろん全身の臭いケアにも使えます。

 

普段の体臭や生理前の体臭が気になる方にオススメできるボディーソープです。

 

>>「ジャムウロンタルハーバルジェルソープ」の詳細はこちら<<

クリアネオの効果は?