あなたの体臭は妄想かもしれない。自覚症状かを確認しよう

体臭には自臭症と他臭症の二つの種類があります。
実は体臭に悩んでいる患者の何割かは前者の自臭症、つまり、単なる思い込みなのです。

 

自臭症の原因


自臭症の原因として考えられるのは、過去のトラウマです。

 

別頁でも説明しましたが、思春期の時代は皆がお洒落や恋愛に敏感で、人とは異なる少しの匂いにも敏感に食らいつき、それがイジメに発展する場合があります。

 

例えば前日にニンニクを食べすぎて、
翌日に多少の匂いを持ち越してしまっただけにも関わらず、
誰かが「○○君体臭きつい」と言えば、皆が○○君に対して体臭が強いという先入観を持ってしまいます。

 

すると、例え後日匂いが消えたとしても、
周囲の人は「○○君=体臭が強い」という固定概念を拭えないまま、感じ取ることもない匂いを大袈裟に指摘してしまうのです。

 

このような過去の経験から引きこもり、対人恐怖症などの
精神障害に発展する患者も少なくありません

 

自臭症は精神病?

自臭症とは、体臭は人並みなのに、自分は臭いのだと思いこんでしまう病の一つです。
特に周囲からどう思われているかを気にする日本人にとっては社会問題の一つともなっています。

 

いきすぎる自臭症は精神病の類になってしまいます。
対人恐怖症潔癖症ひいてはうつ病にまで発展する可能性があります。

 

このように、精神病と言われるまで自臭症が酷くなると、他の精神疾患の合併症状が危惧され、
非常に危険な状態となります。

 

ただの気にしすぎで終わればいいのですが、自臭症患者はいきすぎる思い込みをする傾向があるので、なかなか立ち直ることができないのが現状にあります。

 

自臭症の治療方法

 

病院で治療

自臭症は精神病院では治療できません。
自臭症を治療するためには体臭を専門に扱う病院に行くのが近道です。

 

例えば口臭であれば歯科医院、口臭外来などがありますし、
その他の体臭も総合病院で治療をうけることができます。

 

ただし、治療と言っても自臭症は思いこみの病気なので、
『あなは体臭を持っていません』ということを患者に認識させるのが治療の目的となります。

 

然るべき医療機関に行けば、体臭チェッカーがあります。
自分の体臭は数値やメモリなどで表してくれるものです。

 

この医療機械によって医学的、論理的に体臭がないと分かれば、
自臭症患者の方も納得してくれることでしょう。

 

自宅療法

自宅でも簡単な方法があります。

 

それには親の助けが必要です。方法は簡単。
「あなたは人を不快にさせる体臭は持っていない」ということと、
「体臭は人間であれば全員が持っている生理的なもの」という二つのことを説明するのです。

 

『体臭=人に嫌悪感を持たれる』とイメージしがちですが、そもそも人間である以上体臭は必ず持っています。
臭いか臭くないかは個人差によって決まるだけで、体臭そのものを否定する必要はないのだということを、しっかりと説明してあげましょう。

 

自臭症を確認する

大人の方でも自臭症患者は少なくありません。

 

まず自分の体臭が気になる人は、
本当に人に不快感を与える体臭なのかを調べてみてはいかがでしょうか

 

つまり、長年体臭のことで悩んでいた人も、今一度自分の匂いを見つめ直して、
自臭症か他臭症かを判断する機会を持ってください。

 

例えば家族、仲のいい友人、恋人などに相談してみてはいかがでしょうか。
もしあなたが他臭症であれば、
彼らはあなたの体臭に関して指摘しないだけで本当は気づいているはずです。

 

もし特段体臭を感じることがないという答えが返ってくるのであれば、あなたが抱いていた自分の体臭は一方的な妄想、つまりは自臭症だったと言えます。

 

仲の良いう友人や大切な人に「まったく匂いしないよ」と言われれば、
それだけで体臭は解決したことにはなりませんか?

 

特に毎日接している恋人からノーという答えがでれば、
それは自臭症以外なにものでもありません。

 

他臭症の場合

一方他臭症患者の場合は治療が必要です。
人に影響を及ぼす多少なりとも体臭を放っているのですから、
体内のどこかしらの器官に疾患を患っている場合も考えられます。

 

また、先のように自分の体臭はきついと認識しているようであれば、
治療も積極的に受けられるのですが、
「俺(私)は体臭ないよ」と思い違いをされている人へは、
なかなか治療を促すこともできずに四苦八苦することでしょう。

 

自臭症も他臭症も、本当の自分の匂いというものを気づくところから治療ははじまります。

クリアネオの効果は?

あなたの体臭は妄想かもしれない。自覚症状かを確認しよう記事一覧

体臭が問題視されはじめたのは実はここ最近のこと。世界中を見渡しても日本ほど体臭を気にする人もいません。体臭とは本来その人が持っている生理的な匂いであり、治療や手術をしてまで治すべきものではないという見方があります。体臭を気にするのは神経質ワキガや口臭などは日本社会においては現在社会人のマナーとまで言われています。学校でもイジメの原因にもなっています。ワキガは体質的な問題ですし、口臭は誰もが持ってい...