香水の付け方は間違ってない?つけすぎると逆効果

最近は男性でもファッションの一環として香水を付ける方が多くなりました。
香水によって体臭を誤魔化したり、より相手に良い印象与えるために皆さん使用されていますね。

 

そんな香水ですが、つけすぎは要注意です。
電車やバスの中など密室の空間に人が大勢いるときは、香水の匂に不快感を示す人も多くいます。

 

また、職場でも要注意です。
人によっては匂いに敏感でアレルギー反応を示す方もいますので、
「香水臭い」と呼ばれる方はつける量とつけ方に問題があります。

 

 

普段どうやって香水を付けている?

よくありがちな香水のつけかたは、手首に香水を振り撒いて擦りつけ、ワキや首筋につけるやり方です。

 

おそらく「私もこの方法で毎日やってる」
と仰る方もいるのではないでしょうか。

 

しかし、この方法で香水をつけると、
まず第一に匂いがきつすぎてしまいます

 

首筋やわきというのは汗腺が通っているので確かに効果的ですが、
量を少し間違えると香水臭くなってしまいます。

 

また、夏場などは汗もかきますので、その汗と香水が混じって匂いが変化してしまったり、
汗と一緒に香水が流れ落ちてしまったりします。
これではせっかく付けた香水も逆効果です。

 

また首筋は鼻にも近いので、毎日付けていると、
その匂いに慣れてしまい、徐々につける量が多くなってしまう危険性があります。
ではどこの部位につけるのが効果的なのでしょうか。

 

香水は下半身につけるのがベスト

 

暑い中だといつも以上に香水の匂いが漂ってきます。
この理由は、香水が体温の上昇に反応するからです。
ですので体温が上昇しやすいわきや首筋NGとなります。

 

逆に下半身は体温が上昇しにくいため、
香水をつけるとふわっとしたほのかに香る体臭になります。

 

香水をつけるおすすめの場所は『太ももの内側』です。

 

足首につけるのも効果的ですが、
靴下を穿いているとシミになってしまいますので、太ももの内側に付けてみてください。

 

数種類の香水を使い分けよう

 

一つのお気に入りの香水を使い続けるのもいいですが、
時と場所によって、
数種類の香水を使い分けることをおすすめします。

 

例えば職場であれば甘い匂いは好まれませんので、さわやかな匂いのする香水が無難です。逆に友人や恋人と会うときはエキゾチックな匂いにしてみてもいいかもしれませんね。

 

また、香水を使い分ける理由には、
『匂いに鈍感にならないように』するためでもあります。
毎日同じ香水をつけていると、その匂いに鈍感になってしまい、
こちらもまた適量を間違えてしまいがちになります。

 

数種類の香水を交互に使うことによって、香水の匂いに対しての鈍化を防ぐことができます。

 

香水をつける際は相手への配慮も考えなければなりませんので、
匂いつける部位に関しては極力気を付けるようにしたいところです。

 

 

クリアネオの効果は?