運動不足による影響で足が臭くなるケースとは

運動する人と運動不足の人はどちらの足が臭うのか?

 

運動不足というのも、実は足の臭い悪化の大きな原因となります。

 

「運動すれば暑くて汗をたくさんかくから、
むしろ運動をしたほうが足の臭いはひどくなるのでは?」
と思われるかもしれませんが、実はそういうわけではないんですよ。

 

でも、運動している人の靴は臭いが強いのでは?

さて、先ほど「運動をしたほうが足の臭いはひどくなる、
というわけではない」という趣旨の話をしましたが、これを聞くと多くの人は
「でも、運動をしている人の靴は臭いが強いことが多いのは事実」とも思うでしょう。

 

ですが、これは、その大半が「毎日同じ靴を履き、
前日の汗が乾き切らないうちに履く、の繰り返し状態となるため
雑菌繁殖するから」という理由によるものなのです。

 

たとえ運動により足に汗をかく事が多いとしても、靴を複数持っていて、
「一度汗を吸った靴はきちんと乾くまで履かず、時には殺菌などのケアをする」
という対処法をとれば、臭いはそれほどでもないんですよ。

 

要は、運動する人の靴の臭いは、汗そのものの臭い、
というよりも、その後のケア不足による臭い、という要素が強いと言えるでしょう。

 

しかし、これに対して、運動不足の人の場合は
「汗そのものの臭いが強くなる」というリスクが高いのです。

 

運動不足の人の汗の臭いが強くなりやすい理由

運動不足の人の汗が、なぜ臭いが強くなりやすいのかというと…
それには、以下の2つの理由が挙げられます。

 

@汗をかくことはデトックスの意味もあるが、
運動不足で全身汗をかく機会が少ないと、
その老廃物のデトックスが上手くいかず、結果的に足にかく汗に老廃物が多くなりがち。

 

A運動不足は、筋力の衰えによるポンプ作用不足などによる血行不良を招き、
血液による「汗腺への酸素供給」もスムーズにいかなくなる。

 

酸素不足の状態でエネルギー生成をしようとすると、
その過程で乳酸やアンモニアが大量に作られてしまい、
それが汗と混じることで汗の臭いが強くなる。

 

…というわけで、運動不足の人の汗というのは、
ひと言で言えば「質が悪い」という状態になるため、臭いが強くなりやすいのです。

 

乳酸やアンモニアの発生は、
「運動しすぎて疲労が溜まる」というケースでも起こりますが、
このように運動不足によっても起こるわけです。

 

だからこそ「疲れすぎない適度な運動をすることが非常に大切」というわけですね。

 

クリアネオの効果は?