乱れた食生活によって足が臭くなってしまうケース

食生活の乱れは、足の臭いを悪化させる大きな要因となります。
どんな食生活がNGなのかを知っておきましょう!

 

NG食生活その1・香辛料の使いすぎ

「味にアクセントをつけるために、
料理には香辛料を大量にかける」という人は要注意。

 

香辛料は味覚に対する刺激だけでなく、
汗腺に対する刺激作用も強いため、
汗の量がどっと増えてしまうことにつながります。

 

さらに、「香辛料のニオイ成分が汗に混じって出てしまう」
というデメリットもありますよ。

 

NG食生活その2・揚げ物や肉の食べすぎ

足の臭いを悪化させる食生活としては
「揚げ物や肉の食べすぎ」も挙げられます。

 

なぜ、これらがいけないのかというと、
それには主に以下の2つの理由があります。

 

@揚げ物の油や、肉に含まれる脂肪分などを摂りすぎると、
皮脂腺からの皮脂分泌も増えてしまい、
それがエクリン線からの汗と混じって雑菌繁殖・悪臭発生の原因となる。

 

A肉に多く含まれる動物性たんぱく質には、
エクリン線を刺激する作用があり、それによって汗の量が増えてしまう。

 

脂肪分もたんぱく質も、健康のために適量摂取することは必要ですが、
現代日本人の食生活では摂取過剰になりがちです。

 

脂肪分は控えめに、たんぱく質は動物性のものだけに頼らず、
大豆食品などで植物性たんぱく質もバランスよく摂り、さらにたっぷりの野菜摂取を心がけて、
ビタミンや酵素等による脂肪分解・代謝アップを心がけていきましょう。

 

NG食生活その3・ニオイの強い物の食べすぎ

ニンニクやニラなどは、一般的には
「滋養強壮・血液サラサラなどが見込める健康食品」として知られていますが、
こうした「食材そのもののニオイが強いもの」は、食べ過ぎるとそのニオイ成分を体内で処理しきれず、
汗にもそのニオイが混じってしまうことにつながります。

 

ですから、これらは「ニオイが気にならない程度の量」を食べるようにしましょう。

 

ちなみに、ニンニクやニラには「アリシン」という成分が含まれており、
これが独特の臭いを出す原因となっているのですが、
このアリシンの臭いを軽減するには、リンゴ(皮部分)や緑茶を摂取するのがおすすめです。

 

リンゴポリフェノール・カテキンなどの消臭成分が役立ってくれますよ。

クリアネオの効果は?