アルコール飲料の飲みすぎによる足の臭いへの影響

酒臭いは足が臭い!アルコール飲料による足の臭いへの影響

 

「仕事の疲れを晩酌で癒す」「飲み会で楽しく語り合う」など、
アルコール飲料は、多くの大人にとって息抜きや楽しみのひとつになっています。

 

「酒は百薬の長」という言葉もありますし、アルコールに弱い体質でさえなければ、
適度の飲酒は日々を快適に過ごすために有効な手段であると言えるでしょう。

 

しかし、そんなアルコール飲料も、
飲みすぎれば健康に悪いだけでなく、
足の臭いにも悪影響を与えてしまう可能性があります。

 

アルコールが臭いのモトになる!?

なぜ、アルコール飲料の飲みすぎが、
足の臭いに悪影響を与えてしまうのかというと…

 

これは簡単に言えば
「アルコールが臭いのモトに変化してしまうから」です。

 

アルコールは肝臓で分解されますが、この分解の過程で、
アセトアルデヒドや酢酸という、臭い物質が発生するのです。

 

適量飲酒の範囲内であれば、
発生するアセトアルデヒドや酢酸の量も多くありませんし、
そのほとんどは尿とともに排出されますので、特に問題ありません。

 

しかし、飲みすぎてしまうと、
尿だけではアセトアルデヒドや酢酸を排出しきれず、
汗にもそれが混じってくるのです。

 

ですから、足にかく汗も、
「臭い物質が増えた、クサい汗」になってしまうというわけですね。

 

アルコールによる発汗作用も問題!

アルコール飲料の飲みすぎは、
体温上昇にともなう大量発汗も招きます。

 

就寝中に大量の汗をかくと布団の中で蒸れてしまいますから、
雑菌が繁殖しやすい状態になり、これまた臭い悪化の原因となります。

 

つまり、アルコール飲料の飲みすぎは、
「汗そのものが臭くなり、しかもその汗を就寝中に大量にかいて蒸れてしまう」
というダブルパンチ状態になる、というわけなのです。

 

健康のためにも足の臭いを悪化させないためにも、
アルコール飲料は「適量を守った、大人としてのたしなみ」を心がけましょう。

クリアネオの効果は?