洗濯で靴下の臭いをしっかり消すコツ

靴下のニオイを消すための洗濯時のポイント

 

足そのものの臭い対策をやっても、
「靴下が臭う」という状態では、その対策効果も半減。

 

靴下の臭いをしっかりと消すことも、重要なポイントとなります。
そのコツをここでご紹介しましょう!

 

まずは洗剤選びから

靴下のニオイを消すための洗濯時のポイント

 

靴下の臭いをしっかりと消すためには、
洗濯時の洗剤をきちんと選ぶことが大切。

 

どんな洗濯洗剤がおすすめなのかというと、
ズバリ「消臭成分を配合した粉末洗剤」です。

 

今は粉末洗剤よりも液体洗剤のほうが
「すすぎが少なくて済むし、洗剤の溶け残りの心配もない」
ということで人気ですが、靴下の臭いの大きな原因となるのは、
角質等のたんぱく質汚れや、汗と混じった皮脂の汚れです。

 

アルカリ性の粉末洗剤は、
弱酸性である汗の臭いを中和してくれるだけでなく、

 

中性の液体洗剤よりも、
たんぱく質汚れや皮脂汚れを落とす作用にすぐれているので、おすすめ。

 

それに、すすぎも1回だけで終わらせるより、
2回きちんとすすいだ方が、水に溶けた汚れをきちんと流すことにもつながります。

 

また、たんぱく質汚れも皮脂汚れも、
40℃前後の温度になれば柔らかく落ちやすくなるので、
「粉末洗剤を使って、洗いは風呂の残り湯で、すすぎは2回水道水で」
という形にするのが理想的です。

 

消臭パワーをさらにプラスするならこれ!

というわけで、洗濯で靴下の臭いを消すには
「消臭成分配合の粉末洗剤を使い、洗いは風呂の残り湯で、すすぎは水道水で2回」
というのがおすすめですが、それでもまだ臭いが残っているのが気になるという人は、
助っ人として「セスキ炭酸ソーダ」を使ってみましょう。

 

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性で、重曹よりもアルカリ度が高いため、
たんぱく質汚れや皮脂汚れを落とす作用および、
酸性の臭いの中和作用がとても高く、しかも水に溶けやすいというメリットもあります。

 

洗濯機の水30リットルにつき、大さじ半分〜大さじ1くらいのセスキ炭酸ソーダを
洗剤とともに入れて洗濯すれば、臭いはほとんど気にならなくなるはずです。

 

それでもまだ臭い残りが多少あるような気がするという人は、
洗面器等にセスキ炭酸ソーダを溶かしたお湯を入れ、
そこに靴下をしばらくつけ置きしてから洗濯するといいですよ。

 

関連:靴下のニオイを消す裏技とは?

クリアネオの効果は?