足の臭いを気にしすぎることの悪循環とは?

足の臭いというのは、強ければ強いほど
「不潔感」などのイメージにも繋がるため、どうしても気になってしまうものですが、
「足の臭いを気にしすぎる」ということが、悪循環を招いてしまうケースもあります。

 

気にしすぎると汗の量が増える!?

 

 

「足の臭いを気にしすぎる」ということが、
なぜ足の臭いに関する悪循環を招いてしまうのかというと…

 

それは「精神性発汗」を促してしまう可能性が非常に高いからです。

 

汗というものは、暑い時にだけかくものではありません。
「ストレスによる足の臭いへの影響」のページでもご説明していますが、
精神的に強い緊張や興奮を感じた状態になった際にも、汗をかくんですよ。

 

「スピーチや発表、あるいは重要な商談などがあった際に、手が汗ばむ」
などというのは緊張による精神性発汗の代表例ですし、
スポーツ観戦でも「手に汗握る」という言葉がありますが、
あれもまさに、興奮による精神性発汗の代表例と言えます。

 

そして、「足の臭いを気にしすぎる」という人は、
「自分の足の臭いが気づかれたらどうしよう」などと考えすぎてしまうため、
それがプレッシャーとなり、知らず知らずのうちに
緊張による精神性発汗を引き起こしてしまうというわけです。

 

気にしすぎによる悪循環

 

 

足の臭いを気にしすぎる人の場合、
単に「緊張で汗をかきやすい」というだけが問題ではありません。

 

緊張で汗の量が増え、それで臭いが悪化し、
さらに気にする度合いが強まり、臭いの悪化もさらに増す、
という悪循環につながりやすいのが、最大の問題なのです。

 

この悪循環を解決するためには「気にすればするほど悪化するのだから、気にしないようにする」というのが一番なのですが、緊張による精神性発汗が出やすい人というのは、基本的な性格が真面目・神経質なケースが多いため、「気にしないようにする」というのが難しい、というのも現実。

 

そんな場合はせめて「臭いが強かったらどうしよう、ということばかり気にしても、
それが改善に繋がるわけじゃない、気にするより前に自分でできる対策をまず頑張ってみる」
という方向に考えを変えるよう、心がけてみましょう。

クリアネオの効果は?