足の裏だけじゃない!「もう一つの足の臭いポイント」に要注意

「足の臭い」と言えば、
思い浮かぶのが足の裏や足の指の間の臭いですよね。

 

事実、インソールや靴の消臭スプレーなど、
市販の足の臭い対策グッズの多くは、
こうした部分の臭い対策を前提として作られています。

 

しかし、実は足の臭いというのは、
そうした「靴の中の部分」だけに発生するものではありません。
意外と盲点となりやすい、もうひとつの臭いポイントがあるのです。

 

ひざ裏の臭いに要注意!

以外な盲点!足の臭いは【ひざ】からも発生している!?

 

足の臭い発生源として
もうひとつ注意すべきポイントとして挙げられるのが、ひざ裏です。

 

ひざ裏は、腋の下と同様に意外と汗腺が多い部分なので、
衣服の通気性が悪かったり、足を折り曲げる時間が長かったりすると、
知らず知らずのうちにかなりの汗をかくことになるんですよ。

 

しかも、入浴時も「ひざ裏をきちんと洗う」
というのは見過ごされがちなことが多いのも問題です。

 

ひざ裏をきちんと石鹸やボディソープ等で洗わず、
お湯でサッと流すだけの毎日が続くと汚れが落ち切らず、
日に日に臭いの原因となる汚れが溜まっていく、などという状態にもなってしまいます。

 

ひざ裏の臭い対策はどうすればいい?

 

 

ひざ裏の臭い対策をするためにはまず何より、
「入浴時に、ひざ裏もきちんと洗うことを心がける」ということが大切です。

 

そしてさらに、湯上り後、汗がひいた時点で
ひざ裏にもクリアネオクリームなどのデオドラントクリームを塗っておくといいでしょう、

 

また、できれば「トイレで席を立った際などに、
ひざ裏の汗を拭きとっておく」というのもおすすめです。

 

さらに、正座や深くひざを曲げる機会が多くて、
ひざ裏の汗が普通の人よりもかなり多く、気がつけばひざ裏部分は
汗がにじんで外からも見えてしまうという人は、
「脇につける汗取りパッドなどをひざ裏に使う」という裏技を試してみるのもいいですよ。

クリアネオの効果は?