疲労を溜めないことの重要性

「毎日仕事などで忙しくグッタリ、体に疲労が溜まりまくっている」
という人は、足の臭いがより強くなるリスクが高くなります。

 

その理由についてご説明しましょう。

 

疲労を溜めると「疲労臭」が汗からも出る!

 

 

なぜ、体に疲労が溜まっている人は
足の臭いが強くなるリスクが高まるのかというと…

 

「疲労臭」というものが汗に混じって出てくるからです。

 

疲労が溜まると、
内臓にもその影響がおよび、
肝臓の働きが弱まってしまいやすくなります。

 

肝臓の役割のひとつに
「血中のアンモニアを尿素に分解し、それを尿とともに排出させる」

 

というものがあるのですが、
疲労がひどく肝臓が弱っていると、
このアンモニア分解が追いつかなくなります。

 

そうなると、血中に大量のアンモニアが分解されずに残り、
これが汗や皮脂とともに出てしまい、
「アンモニア臭を体外に発生させる」という状態になってしまうのです。
これが、疲労臭と言われる臭いの正体です。

 

疲労臭が出ているかどうかのチェックポイント

 

 

ちなみに、疲労臭は「汗や皮脂にアンモニアが混じる」
ということによって出るものですから、
足にピンポイントで出る臭いではなく、全身に出ます。

 

そして、疲労臭が日常的に出ている人は、
常にその臭いを自分で嗅いでいる状態なため、
その臭いに慣れてしまっており、なかなか自覚できないのが現実です。

 

この疲労臭に気づくためのポイントとしては、
以下のようなものが挙げられます。

 

○健康診断での血液検査で、肝臓に関わる項目の数値が悪くなっていないかどうか。
○夕方・夜になると足のむくみが以前よりひどくなっていないかどうか。
○「お酒を飲むと以前より酔いやすい、二日酔いになりやすくなった」などの自覚症状がないかどうか。
○枕は頭皮からかく汗をたっぷり吸っているので、枕カバーの臭いをかいでみる。ここから少しでもアンモニア臭を感じたら疲労臭が出ている可能性がきわめて高い。

 

これらのチェックポイントに思い当たるところがあれば、
疲労対策を早急に考える必要がありますよ。

クリアネオの効果は?