リンパ刺激で足の臭いを軽減!

「リンパ刺激の効果」というと、
肩のコリやハリの軽減などを連想する人が多いと思いますが、
実は足の臭い軽減にも役立つ、ということをご存知でしょうか。

 

とは言えもちろん、「肩のコリやハリにほどこすリンパ刺激と、
全く同じことをやる」というわけではありません。
足の臭いを軽減するリンパのポイントは、別にあるのです。

 

足の臭いを軽減するリンパ刺激のポイントはここだ!

足の臭いを軽減するリンパ刺激のポイントは、
太ももの付け根の前方、俗に言う「コマネチライン」です。

 

ここは「鼠径(そけい)リンパ節」という、
下半身の老廃物排出などに大きく関わるリンパ節。

 

この鼠径リンパ節を適度に刺激すると、下半身のリンパの流れがよくなり、
溜まった老廃物の排出も促進されるため、
足からかく汗を「老廃物の少ないあまり臭わない汗」にするのに役立つのです。

 

リンパ刺激はやさしくやろう!

というわけで、足の臭いを軽減するためには
鼠径リンパ節を刺激するのがおすすめですが、

 

「老廃物をどんどん押し出したい」などと意識して、
グイグイと強く押したりもんだりするのは禁物です。

 

リンパ節は意外とデリケートなので、
強い刺激を与えるとダメージを受けてしまうリスクがあるんですよ。

 

鼠径リンパ節の刺激は、強く押したりもんだりするのではなく、
「こぶしで軽くトントンと叩く」「コマネチラインに沿って、指の腹でさする」
というような形でやさしく刺激するようにしましょう。

 

ちなみにこの鼠径リンパ節の刺激は、
入浴時、湯船に浸かっている時にやるのが一番のおすすめ。

 

なぜかというと、湯船に浸かっていると
「鼠径リンパ節に老廃物が溜まっているかどうか」が分かりやすいからです。

 

周囲の部分と比べて、
コマネチラインのほうが冷えているなら、老廃物が溜まっている可能性大ですよ。

 

「周囲の部分と同じくらいの温かさになるまで、
軽く叩いたりさすったり刺激すればいい」という感じで、
刺激のやめ時が分かりやすいのが、湯船での鼠径リンパ節刺激の大きなメリットなのです。

クリアネオの効果は?