呼吸法の工夫で足の臭いを軽減!

足の臭いの強さというのは、
実は呼吸の仕方によっても多少左右される要素を持っています。

 

呼吸による足の臭いへの影響をごく簡単に言うと、
「浅い呼吸だと汗の量が増え、それにともなって足の臭いが強くなりやすい」
というものです。

 

なぜそんなことになるのか?
足の臭いを軽減するための呼吸法の工夫は?
ここではそれをご説明しましょう。

 

呼吸の深さと足の臭いの関係

なぜ、浅い呼吸だと汗の量が増え、それにともなって足の臭いが強くなりやすい

 

という状態になるのかというと…
「交感神経を過度に刺激してしまう」という理由が挙げられます。

 

浅い呼吸をしている人というのは、どうしても体が酸素不足になりがち。
血液を流れる酸素の量が足りず、
脳も十分な酸素を受けることができなくなってしまいます。

 

そうなると、脳は活動のための神経である交感神経を優位にし、
もっと呼吸数を増やそうと頑張ってしまいます。

 

この交感神経が刺激されすぎると、
ストレスを受けたり緊張したりしている時と似たような状態になり、
精神性発汗に似たメカニズムで発汗が促されてしまうのです。

 

汗の量が増えると、靴や靴下も蒸れやすくなってしまうため、
雑菌繁殖による臭い悪化のリスクが高まる、というわけです。

 

意識的に深い呼吸を取り入れよう

「浅い呼吸での交感神経刺激による発汗」を抑えるためには、
日ごろから深い呼吸を取り入れるように心がけることが大切。

 

まずは、仕事の合間などに時々深呼吸をしてみるようにしましょう。

 

その際、ただ深呼吸をするのではなく、一旦、
体の中の空気をすべて抜くようなイメージで息を吐き切ってから吸う、
というやり方をするのがおすすめです。

 

また、ゆったりとしたテンポの曲を口笛で吹くというのも案外効果的です。
口笛の音をきれいに長く出そうとすると、自然と腹式呼吸に近い形になるからです。

 

逆に、犬が思いきり走った後にやる
「ハッ、ハッ」という「深く短い呼吸」を繰り返すというやり方もあります。

 

口だけでハッハッとやるのではなく、「ハッ」と息を吐くたびにお腹がしっかりへこむよう、
お腹に手のひらを当ててやってみると、うまくできますよ。

クリアネオの効果は?