靴のにおい対策まとめ

足のにおいの問題を改善・解消するためには、靴のにおい対策をすることも不可欠です。
そのためのコツをいくつかご紹介しましょう。

足が臭いのは、靴が原因?靴の臭い対策をまとめました

 

 

消臭・脱臭効果のあるインソールを使おう


靴のにおい対策としてはまず「新しい靴を履き始める際には、消臭・脱臭効果のあるインソールを入れておく」というのが基本です。
消臭・脱臭効果のあるインソールは、単に靴のにおい発生を抑制してくれるだけでなく、足の汗も吸ってくれるので、足そのもののにおい軽減にもつながります。
「すでに履き古してプンプンとにおう靴」だと、インソールを入れる前にもっと根本的なにおい対策をする必要がありますが、新しい靴のにおい予防には、これがおすすめです。

 

靴とインソールは「ローテーション使用」しよう!


靴と、その靴の中に入れるインソールは「連日で同じものを使い続けないこと」が鉄則です。
1日で足はかなりの汗をかくため、連日同じ靴、同じインソールを使っていると、靴の中が湿気でジメジメとした状態になり、雑菌繁殖しやすいのです。

 

「1日履いた靴とインソールは、できれば数日、最低でも1日は休ませて乾かす」のがおすすめです。
仕事が終わって自宅に帰って靴を脱いだら、インソールも取り出し、靴とインソールを乾かすように心がけましょう。
翌日は別の靴とインソールを使います。

 

「仕事で履く靴はこの靴と決まっている」という人は、同じ靴を最低でも2足、用意しておくとよいでしょう。

 

すでににおいが浸みこんだ靴の対策は?


すでににおいが浸みこんでしまった靴は、「もう履き古したので処分する」ということができればいいのですが、それができない場合は、まずは以下のような「お手軽対処法」から試してみましょう。

 

  • きれいに洗って拭いた10円玉を数枚、靴に入れる。
  • 靴を天日干しにする。
  • シューズドライヤーや、布団乾燥機の靴用アタッチメントなどを使い、温風乾燥をする。
  • 天日干しでよく乾かした茶殻を靴に入れる。

 

こうした対処法を試してみてもダメな場合は、通販などで購入できる「ホタテ貝殻の焼成カルシウムパウダー」を、靴の中にふりかける、という方法もあります。
この方法は、靴の消臭にかなり効果的と評判が高いですが、「粉を直接靴の中にふりかける」というだけに、靴下に白い粉が付着したり、粉が舞って靴の外側にまで白い粉がついてしまうこともありますので、最終手段と考えた方がいいかもしれません。

クリアネオの効果は?

関連ページ

入浴後の靴下履きは足の臭いを悪化させる
「体臭の悩み」というのは男性、女性関係なく皆さんが抱える問題の一つでもあります。体臭に悩んでいる方は、まず自分の日常生活を振り返り、見直すことから始まります。このサイトでは体臭についての知識を踏まえてその対策方法をメインにご紹介しています。一読すればすべてが解決するように構築しているので、是非読んで頂ければ幸いです。
足が臭くなる生活習慣とは|日々の生活に潜む臭いリスク